「病的ではない幻覚」について2015年04月19日 12:47

ここ数年で、精神科の医師の仕事をかなり減らしていっている平田だが、精神科医師としての経験もある者として、はっきりと述べておきたい事柄がある(ここ1-2年で、はっきり述べておきたいと、より思うようになっている事柄がある)。

「幻覚」と呼ばれるような現象を、精神医学は、必要以上に(過剰に)、「病的」なものとして取り扱う傾向を持っている。そして、その傾向は、省みられ改善される必要がある。

私自身は、(精神医学的な枠組みの中では)「幻視」と呼ばれ得るような体験をしている人が、「病的」ではないという体験を何度もしている(そのような人々とお会いする体験を何度もしている)。「健康的」に、「幻視」の体験を、自分自身の体験として、自分のものとしている人々がいる。(そのような人々は、精神科医の前に、「患者」として現れることも少ないと思われるが。)

これから、精神科医は、「幻覚」と呼び得るものを体験している人と出会ったときに、その「幻覚」体験が「病的」なものであるのか(=精神科的な「治療」が必要なものであるのか)、それとも「病的」なものではないのか(=その人が、「健康的」に、その体験を、自分自身のものとして取り入れることができるものなのか)を見極めようとする姿勢が、これまで以上に必要とされるだろうと(私は)思う。

「幻覚」と呼ばれるような体験をしている人が受診してきたときに、その訴えを聞いて、安易に、従来の精神医学の枠組みに従って、「精神病圏」「統合失調症(圏)」という分類で捉えることは、これまでよりも、控えたほうがよい。
むろん、「良心的」でスキルのある精神科医なら、「幻覚」体験をしている人が受診してきても、その「幻覚」に、「病的」要素がないことを見て取れ、「不必要」な精神医学的介入を行なうことはしないだろうが。(不必要に、抗精神病薬等を処方することもしないだろうが。)

「幻覚」と呼ばれるような体験は、「幻覚」を体験している当の本人にとっても、未知の体験であることが多く、困惑、当惑、さらには、恐怖を感じることも多い。その、困惑、当惑、恐怖のために、精神科を受診してくることもあり得る。
その際、精神科医達は、そこで表現されている、「困惑」「恐怖」の性質を、きちんをアセスメントする必要がある。
単に「未知の体験だから」という理由だけによって「困惑」「恐怖」を感じているのか、それとも、その「幻覚」自体に自我違和的な性質があるのか(「幻覚」自体が困惑や恐怖をinduceする質のものなのか)という点について、少なくとも、アセスメントする必要がある。
精神科医達は、そのようなアセスメントを行なえる必要がある。
さらに、そのアセスメントを行なった上で、「幻覚」が「病的」なものでない場合には、精神科医達は、本人に、そのことについて、心理教育を行える必要がある。本人自身が、必要以上に、「自分が病気なのではないか」と思い込んでしまわないような、心理教育を行える必要がある。

その意味では、精神科医達にも、ある程度の「スピリチュアル」な知識が必要とされると言ってよいだろう。
(日本でも、ある地域では、このことが、多少なりとも、認識されているだろうか? 沖縄のある地域では、精神科医が、受診者を、ユタに紹介することもあると聞く。)

もちろん、現段階の第三密度のリアリティの中では、「病気」という状態になり、薬によって症状を軽減することを必要とする人達も(まだ)いる。そのような人々には、従来的な、精神科医として適切な対応をすることも必要だろう。(私は、現段階で、「薬物療法」の意義を全否定するつもりもない。)

Collective Consiousness(集合意識)と呼び得るようなものは、(あるレベルにおいて)たしかに存在する。
「集合意識」という概念を持っていない精神科医達でも、ここ20年~30年精神科医の仕事を(ちゃんと)してきた者であれば、受診してくる人達の呈する、「精神疾患」の状態像が(collectiveにみた場合に)、ずいぶんと変化していることには、同意されるだろう。

→「解離性」と呼ばれる状態を呈する人達が、(また)ずいぶんと増えている。
→一時期、あれだけ目にすることの多かった「境界性パーソナリティ障害」と呼ばれる状態を呈する人達とお会いすることが、かなり少なくなったことに、多くの精神科医達が同意されるだろう。
→「自閉症スペクトラム」と呼ばれる状態を呈する人が、明らかに、増大しているだろう。
→「統合失調症の軽症化」も、明らかな現象である。

私は、「集合意識」の変化が、「精神疾患」と呼ばれるものの状態像の変化としても(集合的にみた場合には)、表れてくるのだろうと考えている。多くの人達が呈する「精神現象」の変化として、表れてくるだろうと考えている。

その意味で、ここ最近の変化、そしてこれからの変化として、「病的ではない幻覚」を体験をする人々が、増えていくだろうと、私は思っている。
(「集合意識」が変化しているので、その表れとして、「病的ではない幻覚」と呼び得るものを体験する人々が、増えてくるだろうと思っている。)
(「病的ではない幻覚」は、「精神疾患」の範疇ではないわけだが。)
そして、それは、現在、「スピリチュアル」という名称で呼ばれているような枠組みで、把握することが適切な現象であるだろう、と私は考えている。

「幻覚」と呼ばれるものをどう捉えるかについて、一言述べておきたいと思い記した一文である。
心ある精神科医達には、このことを、心に留めておいていただければ有り難いと思う。

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://thotho.asablo.jp/blog/2015/04/19/7614897/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。